オデッセイ 中古車 価格 相場

クルマ購入とご指名ください

マイカーの査定の要請をするときは、査定担当者の対応を見て感覚をつかむことが重要です。

 

結局、査定をするのは人間です。

 

その人の個性にもよりますが、感触を探ることで、ある程度の査定額の動向を把握することができます。

 

仮に、査定の際、担当者に真剣さをあまり感じられないような場合は、高値は望めないでしょう。

 

そういう場合は、取引を打ち切って、どこかよそにの業者に切換えた方がいいかもしれません。

 

感じのよくない査定担当者に対して、いくら愛車のアピール点を主張してもそれが通ることは難しくなります。

 

査定士はスペシャリストなので、アピールしなくても基本的に査定アップの得点は見逃しません。

 

結果を早めすぎてむちゃに成約すると、後で他の業者の査定額をみて後悔することになるので、感触が良くない時は、あっさり切り上げる方が安全です。

 

鑑定する人に対しては、少しは売り込みしてもいいのですが、あまりしつこすぎると逆に感触が悪くなるので、注意しなければなりません。

 

査定社員はできる範囲早く契約を得たいと思っています。

 

結果、良い触りを得ていたとしても、慎重に対応する必要があります。